歯に付着してしまったたばこのヤニの正しい取り方

たばこを吸う方のなかには、ヘビースモーカーの方もいるでしょう。たばこは、体に対してダメージを与えることもあるため、できるだけ、禁煙を心がけていくことが大切です。
また、習慣としてたばこを吸い続けている方は、歯にたばこのヤニが付着してしまい、黄ばみなどができていることがあります。食べ物や飲み物などによっても、歯が黄ばんでしまうこともありますが、たばこのヤニの場合には、食べ物などよりも、黄ばみが濃くなる傾向があり、黄ばんだ状態だと、周囲からのイメージもダウンしてしまうでしょう。ですが、ヤニ取りをするために、自分で対策をする場合、黄ばみがかなり濃いため、うまくヤニ取りができず悩んでいる方もいるでしょう。
基本的に黄ばみなどを予防するためには、着色しやすい食べ物や飲み物を避けること、また、禁煙をしてヤニが付着しなように、日々心がけることが大切です。
また、ヤニ取りをしたい場合には、ホワイトニングという方法があります。ホワイトニングをすることで、黄ばみがある状態でも、白い歯にすることができます。ヤニ取りの場合には、自宅でブラッシングをしてもなかなかとれるものではありません。そのため、薬剤を使用して、落ちにくい黄ばみを落とし、白い状態になるまで、処置をしてもらうといいでしょう。
自宅でもホワイトニングすることもできますが、ある程度時間がかかるため、ある程度の期間をかけて黄ばみを取り除きたい場合などは、自宅でホワイトニングをしてみるのもいいでしょう。
関連